韓国「より日本に影響」輸出規制改めて批判しつつ…[2019/10/01 15:13]

 韓国に対する日本の輸出規制が始まってから3カ月になるのに際して韓国政府が会見し、「韓国よりも日本が影響を受けている」と主張しました。

 韓国の産業通商資源省は1日、日本が7月に始めた輸出規制について「輸出許可が極めて制限的」「韓国企業の経営にも支障が出ている」と説明しました。そして、「一方的で差別的な措置だ」と改めて批判し、日本に対して輸出規制の撤回を求めました。一方で、貿易データをもとに「韓国より日本がもっと影響を受けている」と主張しています。この輸出規制について、韓国政府は先月にWTO(世界貿易機関)に提訴していて、今月中にも2国間協議が開かれる見通しだということです。