ユダヤ教施設の前で銃乱射 2人死亡 ドイツ[2019/10/09 23:43]

 ドイツ東部にあるユダヤ教の施設の前で何者かが銃を乱射し、少なくとも2人が死亡しました。

 現地メディアによりますと、9日午後にドイツ東部ハレで、ユダヤ教の礼拝所の前で何者かが銃を乱射して複数がけがをし、少なくとも2人が死亡したとのことです。さらに、近くの墓地に手りゅう弾が投げ込まれたとの報道もあります。犯人は複数で車で逃走し、そのうち男1人は拘束されました。また、礼拝所から15キロほど離れた場所でも発砲事件があったということです。9日はユダヤ教徒にとって重要な祭日とされる「ヨム・キプル」にあたります。周囲は駅などが封鎖され、地元警察はツイッターで住民らに対して外出しないよう呼び掛けています。警察は反ユダヤ主義によるテロの可能性があるとみて調べています。