チリで非常事態宣言 デモの学生らが暴徒化…略奪も[2019/10/20 14:27]

 チリの首都サンティアゴで地下鉄の運賃値上げなどに抗議する学生らが暴徒化し、300人以上が拘束されました。非常事態宣言が出されています。

 ロイター通信などによりますと、18日夜、サンティアゴで地下鉄など公共交通機関の運賃値上げに反対する学生ら数百人が駅やバスに火を放つなどして暴徒化しました。41もの駅の一部が破壊されたほか、スーパーマーケットなどで略奪行為が発生したということです。学生らは12時間にわたって抗議を続けた後に警察と衝突し、308人が拘束されました。市民のけが人の情報は明らかにされていませんが、150人以上の警察官が負傷し、そのうち5人は重傷ということです。サンティアゴでは来月、APEC(アジア太平洋経済協力会議)が予定されています。ピニェラ大統領はサンティアゴに非常事態を宣言し、軍を動員して暴徒化した学生らの取り締まりにあたっています。