中国外相「全くでたらめな話だ」 米ペンス氏を批判[2019/10/26 16:20]

 中国の王毅外相は、アメリカのペンス副大統領が香港のデモへの対応などを巡って中国を批判したことに対し、「全くでたらめな話だ」と発言しました。

 中国・王毅外相:「(Q.ペンス副大統領の批判をどう思いますか?)全くでたらめな話だ」
 王外相は26日、日本と中国の有識者らが議論を交わす「東京−北京フォーラム」に出席した際に発言しました。24日にアメリカのペンス副大統領が、中国による知的財産侵害や香港デモに対する暴力的な対応を批判したのに対し、強い口調で「全くでたらめな話だ」と発言しました。王外相は14年ぶりに参加したこのフォーラムで、アメリカのトランプ政権を念頭に「他国主義と自由貿易を擁護し、手を携えて地球規模の挑戦に対応し、世界にプラスのエネルギーを加えていくべきだ」と述べました。今年のフォーラムのテーマは「世界の繁栄とアジアの平和で日中が背負うべき責任」で、安全保障や経済などの分野ごとに議論します。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2019