ロシア 東京五輪不参加も「説明はすべて果たした」[2019/11/07 06:17]

 ポーランドで開かれている国際会議に出席したロシアのスポーツ相が国家ぐるみのドーピング疑惑について、「説明責任はすべて果たしている」と主張しました。

 ロシア・コロプコフスポーツ相:「我々はドーピング防止のために大きな改革を成し遂げた」
 6日にWADA(世界反ドーピング機構)の会議に出席したコロプコフスポーツ相は疑惑への説明はすべて果たしたと強調し、「反ドーピングの教育も徹底している」などと主張しました。これに対し、アメリカの参加者からは「国家ぐるみのドーピングのせいで我々は大きな負担を強いられている」などと批判の声が上がりました。ロシアを巡っては、ドーピング検査データの数千件規模の改ざんが新たに指摘されていて、東京オリンピックへの出場が危ぶまれています。

こんな記事も読まれています