北朝鮮高官「反感が爆発すれば…」米をけん制[2019/11/09 11:13]

 モスクワで開かれている核問題に関する国際会議で、北朝鮮の高官が「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか分からない」と述べ、牽制(けんせい)しました。

 会議は休憩を挟んで12時間以上行われましたが、アメリカと北朝鮮の高官が接触する様子は見られませんでした。北朝鮮のチョ・チョルス北米局長はパネル討論に参加し、「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか誰にも分からない」と警告しました。また、停滞しているアメリカとの非核化協議について「ただの対話なら意味がない」として、アメリカ側に打開策を示すよう求めました。