「独身の日」大セール 依然として模倣品の販売も[2019/11/11 23:39]

 11月11日は中国で「独身の日」です。この日に合わせて行われるネット通販大手「アリババ」の大型セールでは毎年、巨額の売り上げを記録していますが、有名ブランドの模倣品も販売され続けています。

 11月11日は中国で独身の日と呼ばれ、ネット通販大手「アリババ」が実施する恒例の大型セールでは開始から1時間で1兆5000億円の売り上げを記録しました。米中貿易交渉でアメリカのトランプ政権は中国の知的財産権侵害を問題視していますが、通販サイトでは依然として有名ブランドの模倣品が販売されています。アリババもビッグデータを活用するなどして模倣品対策を強化していますが、出品者が偽物の販売を強行するいたちごっこが続いています。