中国当局 香港デモ参加者が「報酬得ている」と拡散[2019/11/16 00:27]

 中国のSNS上には香港のデモ参加者が報酬を得ているという情報が拡散しています。中国当局によるデモ参加者を非難する世論形成とみられます。

 中国共産党の機関紙「人民日報」は15日、SNS上に「香港動乱の黒幕」と題された動画を載せました。この動画はデモ参加者たちが職業として抗議活動をやっているという内容で、話題になっています。また、中国の治安・司法機関のトップ組織である「中央政治法律委員会」も14日、同じくSNS上に「香港暴徒の報酬を暴露する」という記事を投稿しました。そのなかで、暴力活動に参加した学生の報酬は約7000円から7万円で、デモの規模や暴力の程度、警察を襲撃したかによって異なるとしています。また、警察官を殺害した場合は最高約2億7000万円もらえるとしています。さらに、これらの資金援助をしているのはアメリカなどの反中勢力と香港の反対派勢力で、アメリカの一部のNGOが暴力行為をコントロールしていると主張しています。

こんな記事も読まれています