中国習主席がロシア高官との会談で米を強く批判[2019/12/03 02:13]

 中国の習近平国家主席はロシアのプーチン大統領の側近・パトルシェフ安全保障会議書記と会談し、「アメリカは中ロの問題に大きく干渉している」などと批判しました。

 会談で習主席は「米国など西側諸国は中ロの問題に大きく干渉し、主権と安全を脅かし、両国の経済と社会の発展を阻害している」と述べました。そのうえで、「いかなる力も中華民族の前進を阻むことはできない」と強調しました。これに対してパトルシェフ書記は「ロシアと中国は多くの重大な国際問題で近い、あるいは同じ立場をとっている」と述べ、今後も緊密に協調していく考えを示しました。中国とロシアは、ロシアの東シベリアと中国東北部を結ぶ天然ガスパイプラインを開通させて経済的にも政治的にもさらに距離を縮めています。