「酒に酔ったらゆっくり運転」道路の看板に物議[2019/12/28 12:10]

 タイ北東部の道路に飲酒運転を認めるようなとんでもない看板を自治体が設置し、波紋を広げています。

 タイ北東部のナコンラチャシマ県の道路脇に設置されたのは「酒に酔ったらゆっくり運転を」と書かれた看板です。タイでも酒を飲んだ後に運転することは法律で禁止されています。地元メディアによりますと、看板を設置したのは地元の自治体で、担当者は「年末年始は多くの人が飲酒するので、完全にやめさせることは難しい。飲酒運転を推奨しているわけではない」と話しているということです。タイでは飲酒運転が社会問題になっていて、人口10万人あたりの交通事故による死者数は32人余りで、アジアで最も多いということです。

こんな記事も読まれています