米中第1段階合意を15日に署名へ 大統領訪中も表明[2020/01/01 19:13]

 アメリカのトランプ大統領は米中貿易協議に関する署名式を15日に開くと発表しました。

 トランプ大統領は自身のツイートのなかで第1段階の合意をみた米中貿易協議について、署名式を15日にホワイトハウスで開くと発表しました。署名式には中国政府の高官が出席するとしています。さらに「後日、私が北京を訪れて第2段階の議論を始める」と述べ、中国を訪問して習近平国家主席との協議に臨む考えを明らかにしました。両国は第1段階として中国がアメリカ産の農産品を大量に購入することやアメリカ企業の知的財産保護などで合意していて、合意内容をまとめた文書の翻訳作業などを進めていました。第2段階の協議ではアメリカ側が問題視している中国による産業補助金などの構造改革がテーマとなりますが、中国側の抵抗は根強く、協議の難航が懸念されています。