中国の肺炎 保健当局「ヒト→ヒト感染排除できず」[2020/01/16 06:12]

 中国・湖北省の武漢で発生している新型ウイルスによる肺炎について、市の衛生当局は「ヒトからヒトに感染する可能性は排除できない」と発表しました。

 武漢の衛生当局は「新型コロナウイルス」が検出された肺炎について、夫婦で発症した例があることを明らかにしました。夫は患者の大半が関係している地元の海鮮市場の従業員ですが、妻は市場を訪れたことがないということです。そのため家庭内での感染が疑われ、衛生当局は「限定的だが、ヒトからヒトに感染する可能性は排除できない」と発表しました。ただ、「持続的にヒトからヒトに感染するリスクは低い」としています。武漢ではこれまでに41人が発症していますが、当局はこれまで「ヒトからヒトへの感染は見つかっていない」との説明を続けていました。

こんな記事も読まれています