お互いを「嘘つき」と…米民主党の候補2人[2020/01/17 10:56]

 アメリカ大統領選に向けて野党・民主党の指名を争う2人の候補がテレビ討論会の直後に、お互いを「嘘つき」とののしり合いました。

 エリザベス・ウォーレン氏(70):「テレビで私を嘘つき呼ばわりするのか」
 バーニー・サンダース氏(78):「今はやめておこう。議論したいなら議論しようじゃないか。君が私を嘘つき呼ばわりしたんだ。まあ、今はやめておこう」
 14日にアイオワ州で行われたCNNのテレビ討論会の直後の様子です。トランプ大統領に対抗する民主党の指名争いで上位グループに属するサンダース氏とウォーレン氏が「嘘つき」などと批判し合う様子が翌日に放送されました。ウォーレン氏が過去にサンダース氏から「女性は大統領になれない」と言われたと報じられたことについて、ウォーレン氏は討論会でこうした発言があったと認めましたが、サンダース氏は否定して口論に発展しました。民主党の候補争いを巡る最新の世論調査でサンダース氏は2位、ウォーレン氏は3位に付けています。2人は国民皆保険制度など共通の政策を掲げていましたが、来月からの予備選を前に亀裂が生まれたとして注目されています。

こんな記事も読まれています