中国の2019年GDP成長率は6.1% 29年ぶりの低水準[2020/01/17 11:22]

 中国の去年1年間のGDP(国内総生産)は6.1%と2年連続で減速しました。29年ぶりの低水準です。

 中国の国家統計局が17日に発表した去年のGDPは、前の年より0.5ポイント減速して6.1%の伸びになりました。政府が設定した「6.0%から6.5%」の目標は達成しましたが、アメリカとの貿易摩擦の影響から輸出が落ち込み、天安門事件による経済制裁の影響を受けた1990年以来、29年ぶりの低水準になりました。3月の全人代では今年の目標を6%前後に引き下げる方向で調整されるとみられます。

こんな記事も読まれています