武漢に1000床の専門病院 10日間の突貫工事で完成[2020/02/02 16:07]

 中国・武漢に新型コロナウイルスによる肺炎患者の専門病院が10日間の突貫工事で完成しました。

 新型コロナウイルスによる肺炎患者を専門に受け入れる病院「火神山医院」が10日間の突貫工事で武漢に完成しました。ベッド数は1000床で、3日から中国人民解放軍の医療スタッフ1400人が治療にあたります。習近平国家主席の肝煎り(きもいり)のプロジェクトで、武漢では2つ目の専門病院の工事も急ピッチで進められています。中国国営テレビは連日、この工事の様子を放送し、感染拡大を防ぐ中国政府の取り組みを国内外にアピールしています。

こんな記事も読まれています