ワイヤを切った瞬間 建物全体が一気に崩壊[2020/02/03 19:47]

 解体中だったスタジアムの屋根が崩落し、作業員1人が死亡しました。

 スタジアムの屋上で作業員が工事をしていた時のことです。屋根をつなぐワイヤを切断すると、建物全体が雪崩を打ったように崩れました。タス通信によりますと、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで起きたこの事故で、作業員1人が死亡しました。一緒に作業していた3人の男性らは無事でした。このスタジアムは、1979年、旧ソ連時代に建てられ、老朽化のために解体工事が行われていたということです。

こんな記事も読まれています