来週までに1億6000万人移動 感染拡大に中国懸念[2020/02/12 16:56]

 新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中国で、来週までにさらに1億6000万人が春節の帰省先から職場などがある都市へ戻る見込みが示されました。

 中国運輸省は11日の記者会見で、今年の春節の大型連休の帰省時期が分散したことを明らかにし、ビッグデータの分析から11日から18日までの1週間でさらに1億6000万人が北京や上海などの職場などがある都市へ戻る見込みを示しました。広東省、浙江省、河南省では、感染者がすでに1000人を超えていて、都市に人が戻った場合に感染の拡大をどう防ぐのかが課題となっています。また、一部の都市で外出が制限されていることについて、中国経済政策の司令塔である発展改革委員会は「企業活動の再開を促す政府の考えに合致しない」と地方政府に修正を求めたことを明らかにしました。

こんな記事も読まれています