ウエステルダム号下船の女性 新型コロナに感染確認[2020/02/16 06:33]

 各国で入港を拒否され、カンボジアに入港したクルーズ船「ウエステルダム号」から下船したアメリカ人女性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

 マレーシア保健省によりますと、感染が確認されたのはウエステルダム号から下りた83歳のアメリカ人女性です。女性は下船後、カンボジアからチャーター便でマレーシアのクアラルンプールに移動していて、入国時の検査で感染が確認されました。また、同行していた夫は陰性だったということです。2人は現在、クアラルンプール市内の病院に入院しています。ウイルス感染の恐れがあるとして、日本などで入港を拒否されたウエステルダム号はカンボジアが船を受け入れ、14日から下船が始まっていました。乗客1455人のうち1300人以上が15日までに下船しています。

こんな記事も読まれています