「アップル」製品が不足に?感染拡大で売上高が減少[2020/02/18 19:47]

 新型コロナウイルスの感染拡大が「アップル」にも影響しています。

 アメリカのIT大手「アップル」は17日、新型コロナウイルスの影響で今年1月から3月の売上高の予想を達成できない見通しだと発表しました。アップルは当初、日本円で約6兆9000億円から7兆3000億円の売上高を見込んでいました。しかし、感染の拡大で中国の生産拠点が十分に稼働しておらず、iPhone(アイフォーン)の供給が不足している状態となっています。今後、世界的に商品不足になる恐れがあるということです。さらに、アップルは中国にあるすべての店舗を一時的に閉鎖するなど販売にも大きな影響が出ています。

こんな記事も読まれています