アメリカが新華社を宣伝機関認定 中国は猛反発[2020/02/20 08:12]

 アメリカ国務省が中国の新華社など国営メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」と認定し、中国政府が猛反発しました。

 アメリカ国務省は18日、中国の国営メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」と認定し、アメリカ国内にある大使館などと同様に従業員や保有資産について報告を義務付けました。これに対し、中国外務省は会見で「アメリカの誤ったやり方に我々は強烈な不満を表明し、断固反対する」と表明しました。さらに、「中国メディアは長らく客観的で公平に報道し、米中両国の理解と交流に前向きな役割を果たしてきた」と擁護し、「措置を取る権利がある」と述べてアメリカへの報復を示唆しました。

こんな記事も読まれています