武漢で新型コロナ治療の医師死亡 今月に挙式予定も[2020/02/21 09:25]

 新型コロナウイルスの感染が深刻な武漢で、治療にあたっていた29歳の医師が20日に亡くなりました。

 中国メディアによりますと、武漢で新型コロナウイルスの治療にあたっていた呼吸器重症医学科の医師が夜に亡くなりました。29歳でした。先月25日に感染が確認されて入院、30日に病状が悪化して回復しませんでした。医師は今月に結婚式を挙げる予定でしたが、延期を決めていました。
 また、湖北省の衛生当局は、新型コロナウイルスによる死者は新たに115人増えて2144人に上ると発表しました。中国本土の死者は少なくとも2233人です。感染者は湖北省だけで新たに411人増え、6万2000人を超えました。中国本土の感染者は7万5000人に迫っています。

こんな記事も読まれています