香港政府が市民に約14万円を現金支給 感染拡大受け[2020/02/26 20:30]

 香港政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大などで経済が打撃を受けているとして、香港住民1人あたり1万香港ドル(約14万円)を支給すると発表しました。

 香港政府は26日に2020年度の予算案を発表し、永住権を持つ18歳以上のすべての住民に一律で1万香港ドル(約14万円)を支給するための財源を盛り込みました。去年6月から続く反政府抗議デモや新型コロナウイルスの影響で地元経済が大きな打撃を受けていることへの措置で、約700万人が対象となります。政府当局は現金の給付について「消費を刺激し、市民の経済的負担を軽減させるため」と説明しています。香港では、これまでに89人の感染が確認されています。

こんな記事も読まれています