“海外から感染輸入も”中国の新聞は諸外国に懸念[2020/02/27 18:34]

 新型コロナウイルスについて、「発生源は必ずしも中国とは限らない」という発言が出てきました。北京から報告です。

 (千々岩森生記者報告)
 発言したのは今、中国では英雄扱いをされている専門家トップの鍾南山医師で、中国の各メディアが一斉に速報しています。中国のSNSを見ると、「じゃあウイルスはどこから来たのか」と盛り上がりを見せています。鍾南山医師は具体的にどこから入ってきた可能性があるかには言及していません。ただ、とにかく中国では今、最も信用されている人で、27日は「ウイルスは早ければ4月末にコントロールできる」とも発言して注目が集まっています。一方で、日本や韓国などを念頭に海外で蔓延(まんえん)が続いているので、感染は今後、外から中国に入ってくる可能性があるとも話しています。これについては、27日の共産党系の新聞で「日本や韓国から来る人は隔離すべき」としています。この新聞は27日だけでなく、26日も25日も、その前も4日続けて日本を含めた国外の対応に懸念を示し続けています。

こんな記事も読まれています