去年末に新型ウイルス確認も「サンプル廃棄」指示か[2020/02/29 13:33]

 中国メディアは、去年末には武漢で新型のウイルスが確認されていながら中国政府が情報の非公開やサンプルの廃棄を命じていたと伝えました。

 中国メディア「財新」は新型コロナウイルスに感染した患者の治療にあたった医師への取材などをもとに、去年12月末に複数の中国の検査機関が新型のウイルスを確認していたと伝えました。しかし、先月3日に国家衛生健康委員会が検査結果を外部に公開してはならないとの通知を出し、サンプルを保有している場合は廃棄するか国が指定した機関へ提出するよう求めたということです。武漢での最初の発症は12月8日とされ、当時、警鐘を鳴らした医師らは「デマだ」として拘束されています。中国政府が対応に本腰を入れたのは先月20日になってからです。

こんな記事も読まれています