メルケル独首相、閣僚に握手断られる…実は感染予防[2020/03/03 15:02]

 イタリアをはじめとするヨーロッパでは感染拡大を受け、現地ならではのコミュニケーションに変化が出ているようです。

 内務大臣に握手を断られ、苦笑いを浮かべたのはドイツのメルケル首相。ヨーロッパではあいさつの一環として握手をしたり頬と頬を寄せ合います。ただ、最近は感染拡大防止のため、こうしたコミュニケーションを控えようという動きが出ていて、大臣が握手を断ったのもそうした理由からでした。ヨーロッパではイタリアを中心に急速に感染が拡大していて、各国の政府も握手を控えるよう呼び掛けています。ただ、市民の間からは…。
 イタリア国民:「誰も普段のスタイルを変えたりしないでしょう」「(Q.今も握手はしている?)もちろん。誰も手を引っ込めませんし、何も変化を感じていません」「以前と全く同じ。普段通り」「抱擁も、キスも」「地下鉄も乗ります」「すべて普段通りで落ち着いていますよ」
 愛や友好の気持ちを示すために当たり前となっている慣習を急に控えることには難しさもあるようです。

こんな記事も読まれています