中国で肺移植手術 新型コロナ患者には世界初[2020/03/05 17:13]

 新型コロナウイルスによる肺炎患者を対象にしたものとしては世界で初めてとなる肺の移植手術が中国で行われました。

 中国の59歳の男性は1月に新型コロナウイルスによる肺炎を発症し、治療を受けた後、陰性になりました。しかし、その後、肺機能が低下して回復が見込めなくなっていました。このため、先月29日、江蘇省無錫の病院で肺の移植手術が行われました。医師らは防護服を着て手術を行い、男性は移植された肺から無事に酸素を取り込めているということです。新型コロナウイルスによる肺炎患者への肺移植は世界で初めてだということです。この手術は浙江省杭州でも行われ、中国の専門家は「死亡率を下げる大きな意義を持つ」としています。

こんな記事も読まれています