WHO 入国規制「有効でない」 日韓に自制求める[2020/03/07 06:29]

 日本と韓国がお互いに入国規制をすることについて、WHO(世界保健機関)は規制が「有効ではない」という考えを示し、自制を求めました。

 WHOの危機管理の責任者・ライアン氏は6日、渡航制限の有効性が限られているという見解を示し、両国に自制を促しました。そのうえで、「人々の命を守ることに集中するべきで、政治的論争に焦点をあてるべきではない」と強調しました。また、感染が収束する時期について「インフルエンザのように夏になればウイルスが消えるという証拠はない」と述べました。

こんな記事も読まれています