トランプ大統領の会見受け ダウ平均株価が急騰[2020/03/14 06:21]

 トランプ大統領の会見を受けて前日に2300ドル以上、暴落したニューヨーク株式市場のダウ平均株価が急騰しました。終値で2000ドル近い過去最大の上げ幅を記録しました。

 トランプ大統領が会見で、新型コロナウイルス対策に500億ドル、約5兆4000億円を支出する意向を明らかにしたことで、投資家の期待が一気に高まりました。ニューヨーク市場では、会見直前まで前日に比べて600ドル前後の上げ幅だったダウ平均株価が急騰し、終値で1985ドル値上がりして史上最大の上げ幅を更新しました。また、外国為替市場ではドル買い円売りが急速に進み、円相場は一時、前日に比べて3円以上、円安になって108円台半ばでの取引です。

こんな記事も読まれています