既に収束モード?北京の「今」と「1カ月前」を比較[2020/03/21 19:33]

 「日常が戻り始めた今の北京」と「ゴーストタウン状態だった1カ月前の北京」を動画で比較してみました。

 ヨーロッパやアメリカでは感染者が急増して、外出禁止や入国制限などの厳しい措置を取っている一方で、実は中国の新たな感染者は激減しています。保健当局によりますと、17日に新たに感染が確認されたのは、わずか13人。そのうち12人は国外から来た人で、国内での感染者は1人のみでした。徐々に日常が戻りつつある北京を中国総局の熱田カメラマンが取材しました。1カ月ほど前の人影がほとんど見えない「ゴーストタウン」と化していた時の北京と比較しながらご覧ください。

こんな記事も読まれています