韓国外相が日本大使呼び出し 教科書検定で [2020/03/24 20:46]

 島根県の竹島を「日本固有の領土」などと明記した教科書が、文部科学省の検定を通過したことに対し、韓国外務省は日本の大使を呼び出して抗議しました。

 韓国外務省は24日午後5時ごろ、冨田浩司駐韓大使を呼び出しました。竹島について、「日本固有の領土」や「韓国が不法占拠している」などと書かれた中学校の地理と公民の教科書が、文科省の検定に合格したことを受けたものです。韓国外務省は「歴史の教訓を直視し、未来の世代の教育に責任ある行動を見せるべきだ」などとする声明を出しました。さらに、「独島(ドクト)に対する日本のいかなる不当な主張に対しても断固対応していく」と反発しています。

こんな記事も読まれています