14日間隔離違反に罰金50万円余 アメリカ・ハワイ州[2020/04/02 11:45]

 アメリカ・ハワイ州はハワイに到着した人すべてに実施している14日間の隔離措置に応じない場合、最大で5000ドル=50万円余りの罰金を科すことを明らかにしました。

 ハワイ州は州外から来た観光客やハワイ諸島の間を渡航する住民らを対象に、14日間の自主隔離を先月26日から義務付けています。対象者は部屋からの外出や訪問者との面会などが原則として禁止されます。イゲ知事は30日の会見で、これに応じない場合、最大で5000ドルの罰金または1年間の禁錮刑を科すと発表しました。1日から実施し、医療従事者らは対象外です。規制をさらに強化することで、州内での感染の広がりを抑制します。

こんな記事も読まれています