「感染拡大に5Gが影響?」 うわさを英政府否定[2020/04/06 06:47]

 イギリスで次世代高速通信「5G」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響しているといううわさが広まり、基地局が放火されるなどの事件が起きています。

 イギリス中西部のバーミンガムでは2日、5Gの基地局から火が出ました。警察や消防は放火とみているということです。イギリス国内では同じような放火事件が相次いでいます。これは、新型コロナウイルスの感染拡大は5Gが影響しているというデマが広がっているためとみられます。イギリス国内では「5Gは人の免疫を抑え込むため、ウイルスに感染しやすくなる」といったものや「5Gの技術を使い、ウイルスがどういうわけだか伝染する」といったうわさが流れています。この事態を受け、政府は「ナンセンスだ」とうわさを否定しました。また、保健当局の幹部も「馬鹿げていて最悪のフェイクニュースだ」と火消しに走りました。

こんな記事も読まれています