感染12万人超…病院の人手不足さらに深刻 米NY州[2020/04/06 10:35]

 新型コロナウイルスの感染者は世界で127万人を超えました。アメリカで最も感染者が多いニューヨーク州では12万人を上回り、病院の人手不足がさらに深刻になっています。

 ニューヨーク州の感染者は5日に8300人以上増え、12万2031人に上りました。医療崩壊が懸念されるなか、入院患者は1万6000人に上り、医師や看護師らの人手不足がさらに深刻になっています。感染者が最も多いニューヨーク市に州内の医療関係者を配置転換するなどして対応しています。ニューヨーク州の死者は前日より594人増え、4159人となりました。一日の増加数が初めて減少しましたが、クオモ州知事は減少傾向に転じたかどうかについて「まだ判断するには早い」という認識を示しました。世界の感染者はジョンズ・ホプキンス大学の集計で127万人を超え、死者は7万人に迫っています。イタリアでは感染者の増加数がここ数日で最も少なくなり、当局は「感染の拡大が頭打ちになった」という見方を示しています。

こんな記事も読まれています