米のコロナ死者が6月にゼロの予測 ワシントン大学[2020/04/11 13:01]

 アメリカの新型コロナウイルスの感染者は世界で最も多く、50万人を超えました。一方、大学の研究所からは、6月20日には死者がゼロになるとの予測も出ています。

 ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、アメリカの感染者は10日時点で50万人を超え、死者も2万人に迫っています。その一方で、ワシントン大学は一日あたりの死者の増加がここ数日は2000人近くになっているものの、すでにピークに達していて、6月上旬に向けて減少し、20日にはゼロになるとの統計上の見通しを示しました。ただ、死者の総数は来月も通して増え続け、最終的には6万人を超えると予測しています。また、トランプ政権はこの統計を踏まえて、7日一日あたりの全米の死者数について、心臓病とがんを抜いて新型コロナウイルスによる死者が最も多かったと明らかにしています。

こんな記事も読まれています