「最悪のシナリオに備えを」英・介護施設代表が警鐘[2020/04/17 20:59]

 イギリスの介護施設で新型コロナウイルスの感染者や死者が急増しています。16人の死者が出た施設の代表がANNの取材に応じ「最悪のシナリオに備えておくべきだ」と警鐘を鳴らしました。

 介護施設代表、アンドレア・ライオンさん:「2人の入居者が新型コロナの症状を示してからわずか一晩で急に亡くなりました」
 イギリス中部リバプールの介護施設では、新型コロナウイルスで入居者16人が死亡しました。また、68人いる入居者のうち43人に新型コロナウイルスの症状が出ているということです。ライオンさんは認知症患者への対応の難しさにも直面しているといいます。
 介護施設代表、アンドレア・ライオンさん:「認知症の入居者が『なんだろう?』と思い、消毒液、手袋などを飲み込んでしまう恐れがあります」
 日本でも介護施設での感染拡大が懸念されるなか、自身の経験から「備え」が大切だと訴えます。
 介護施設代表、アンドレア・ライオンさん:「大事なことの一つは最悪のシナリオに備えることです。風邪をひいたり、喉を痛める入居者もいるでしょう。新型コロナを想定して準備をしましょう」

こんな記事も読まれています