「企業でなく市民に資金提供を」NY州知事 政府批判[2020/04/30 12:29]

 新型コロナウイルスの感染が深刻なアメリカ・ニューヨーク州のクオモ知事は「企業ではなく、市民に資金を提供すべき」と訴え、連邦政府を批判しました。

 クオモ州知事:「(連邦政府は)企業に資金を供給したいと考えている。私は働くアメリカ国民に資金を提供しようと言いたい」
 29日、クオモ州知事は前日に連邦政府がニューヨークなどの上空に戦闘機を飛行させ、現場の最前線で働く市民にエールを送ったことに対し、「ジェット機を飛ばす賛辞も良いですが、医療従事者には災害手当を支払い、児童へのケアや食糧支援で実際に報いませんか?」と訴え、企業への支援に手厚い連邦政府を批判しました。また、警察と消防の2000人に抗体検査をした結果、警察の10.5%、消防の17.1%にすでに感染したことを示す抗体が確認されたことを明らかにし、「第一線で働く人はヒーローだ」とたたえました。

こんな記事も読まれています