ロシア 1600人超の集団感染 北極圏の建設現場[2020/05/05 06:13]

 新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するロシアで1600人を超える集団感染が発生し、少なくとも1人が死亡しました。

 インタファクス通信などによりますと、ロシアの北極圏、ムルマンスク州にある天然ガス関連施設の建設現場で4日までに1680人の感染が確認されました。このうち51歳の清掃員の女性が死亡しました。現在、建設作業は一時中断しているということです。ロシア国内では連日、1万人を超えるペースで感染が拡大していて、これまでの感染者の数は14万5000人を上回っています。

こんな記事も読まれています