現代アート? 公園に突然、描かれた巨大な「マル」[2020/05/22 19:05]

 アメリカの公園では社会的距離を取るためのある印が広がっています。

 サンフランシスコの公園に突然、描かれたいくつもの大きな「丸」。空から見ると現代アートのような大きな円は、人との距離を取るソーシャルディスタンスの目印です。一つの丸の中には一緒に暮らす人達だけが入ることができ、市民同士が「密」にならずに読書や日光浴を楽しめます。アメリカでは50州すべてで外出制限が緩和され、外に出掛ける人が増えつつありますが、新型コロナの感染リスクを減らすために公園の管理者が円を描いたということです。

こんな記事も読まれています