履くだけでソーシャルディスタンスOK!なが〜い靴[2020/06/03 20:23]

 履くだけでソーシャルディスタンスが保てます。

 ルーマニアの靴屋さんで爪先がとても長い靴が作られました。製作したのは職人歴39年のグリゴアルップさんで、人々がソーシャルディスタンスを取っていない様子を見て「距離を保つことにつながる靴を作ろう」と考えました。でき上がった靴は約75センチあり、スキー板のようでちょっと歩きにくそうではありますが、これを履いた人同士が向き合う際は必然的にかなりの距離が生じるだろうという狙いです。靴職人としてその名を知られたグリゴアルップさんでも長い靴は一足作るのに2日かかりますが、これまでに5件の注文があったそうです。

こんな記事も読まれています