独自路線のスウェーデン コロナ対策検証委立ち上げ[2020/07/02 07:41]

 新型コロナウイルスによる死者が他の北欧諸国より多いスウェーデンで、これまでの独自路線の対策について検証する委員会が立ち上がりました。

 スウェーデンは厳しい外出制限は設けずレストランなども営業を続けるなど、ヨーロッパの他の国と異なる対策を取ってきました。しかし、1日現在で人口100万人あたりの死者は528人と世界で7番目に多く、ノルウェーやフィンランドなど近隣の北欧諸国に比べて圧倒的に高い水準です。スウェーデンのロベーン首相は先月30日、これまでの対策を検証する委員会を立ち上げました。イギリスメディアによりますと、ロベーン首相は「新型コロナの危機は我々の社会の欠点を浮き彫りにした」と述べ、11月末までに最初の報告書をまとめます。

こんな記事も読まれています