金委員長が水害被災地を視察 食料などの支援指示[2020/08/08 07:25]

 北朝鮮メディアは、金正恩委員長が水害の被災地を視察して食料などの支援を指示したと報じました。

 朝鮮中央テレビは7日午後、白い夏服姿の金委員長が北朝鮮南西部にある黄海(ファンヘ)北道の農村を訪れ、関係者の説明に耳を傾ける様子などを放送しました。映像には、冠水して稲が倒れた水田や倒壊した住宅なども捉えられています。金委員長は、人命被害がないことを「本当に幸いである」と述べたうえで、自身のために備蓄していた食料や建設資材を速やかに供給するよう指示したということです。金委員長が水害の被災地を視察するのは5年ぶりで、経済制裁や新型コロナウイルスで食料事情が悪化するなか、人民に寄り添う姿勢を強調して国内の結束を図る狙いがあるとみられます。

こんな記事も読まれています