英医学誌 ロシア製新型コロナワクチンの論文掲載[2020/09/05 00:44]

 世界的な権威とされるイギリスの医学雑誌がロシアの研究チームが執筆した新型コロナウイルスのワクチン開発に成功したと主張する論文を掲載しました。

 イギリスの「ランセット」誌は、ロシア製のワクチン「スプートニクV」について、接種した人には新型コロナウイルスの抗体が生成され、深刻な副作用もなかったとする論文を掲載しました。執筆したロシアの研究チームは、長期的な安全性と効果を確認するためにはさらに大規模な臨床試験が必要だと指摘しています。スプートニクVを巡っては、約80人しか治験が終わっていない段階でロシア政府が承認していて、来週にもモスクワなどで数万人規模の治験が始められることになっています。

こんな記事も読まれています