カリフォルニアの山火事が拡大…焼失面積は過去最悪[2020/09/09 10:40]

 アメリカ・カリフォルニア州の山火事はさらに広がっています。山火事の本格的なシーズンを前に、すでに焼失面積が過去最大になりました。

 地元メディアによりますと、カリフォルニア州では先月中旬以降、900カ所で山火事が発生してこれまでに8人が死亡したほか、建物約3300棟が被害を受けました。今月8日も25カ所以上で燃え続けています。今年はこれまでの州全体の焼失面積は93万ヘクタールを超え、東京都の約4倍に上っています。年間の焼失面積で過去最大だった2018年の約77万ヘクタールをすでに上回っています。山火事は例年、強い風が吹き始める今月以降に本格化していて、今後、被害がさらに広がる懸念が出ています。

こんな記事も読まれています