フランス 感染再拡大でレストランなど営業規制[2020/09/29 07:36]

 新型コロナウイルスの感染者が急増しているフランスのパリやマルセイユで28日、レストランなどの営業規制が始まりました。

 フランス南部のマルセイユでは、新型コロナウイルスの感染対策で来月11日までレストランやバーの営業が禁止されました。またパリでも今月28日からレストランの営業が午後10時までに制限されたほか、ジムや体育館が閉鎖されました。フランスでは感染の再拡大が深刻で、感染者の総数は28日に54万2639人となり、1日時点と比べて2倍近くに急増しています。一方で、フランス各地のほか、都市封鎖が行われているスペインの首都マドリードでも市民ら数百人が規制に反対してデモをするなど、ヨーロッパでは規制の再強化に反対する動きも広がっています。

こんな記事も読まれています