トランプ大統領「声かすれ気味だった」支持離れも[2020/10/02 17:24]

 トランプ大統領の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。メラニア夫人も感染が確認されました。来月の大統領選はどうなるのでしょうか。ワシントンから報告です。

 (高羽佑輔記者報告)
 2日午前4時前でホワイトハウス周辺は静かな様子ですが、アメリカのメディアは大々的に報じています。FOXニュースは医師の話として、トランプ大統領は肥満体形なので今後の容体に注意が必要だとしています。また、ホワイトハウス関係者の話では、トランプ大統領の声が1日は、かすれ気味だったということです。トランプ大統領はこれまでマスクの着用に消極的で、新型コロナウイルスに楽観的な姿勢を取っていただけに仮に回復しても特に支持層である白人の高齢者からの支持が離れる可能性があります。また、長女のイバンカ氏は先月29日の討論会の前にマスク着用をアピールしていましたが、実際の討論会の場ではマスクを外していたことも報じられていて、トランプ大統領の家族にも厳しい目が向けられています。選挙まで残り約1カ月ですが、トランプ大統領はこれから自主隔離に入って有権者に直接、アピールする機会が減るため、選挙戦の行方にも影響が出る可能性があります。
 (Q.トランプ大統領とメラニア夫人の状態、容態はどうか?)
 そこについてはホワイトハウスのトランプ大統領の主治医が声明を出していて、「2人とも体調は良好だ」と。なので、入院することなくホワイトハウスの中で自主隔離を図るということです。大統領の職務に影響はないだろうということです。ただ、万が一今後、トランプ大統領が職務不能に陥った場合などはアメリカでは大統領の継承順位というのが決まっています。例えばトランプ大統領が職務不能に陥った場合は大統領の役割をペンス副大統領が負うことになります。そして、さらにそのペンス副大統領も職務不能になってしまえば次は下院議長、今でいうと民主党のナンシー・ペロシ下院議長が大統領としての職務を果たすことになります。
 (Q.夜中だが、メディアは相当な報道が始まっているということ?)
 各メディアはやはり、現職の大統領が新型コロナウイルスに感染したということと、これまでのトランプ大統領が非常にウイルスに対して楽観的な姿勢を取っていたと、そこを極めて重点的に報道しています。

こんな記事も読まれています