中国で食中毒7人死亡 自家製麺からアフラトキシン[2020/10/12 15:45]

 中国で、国慶節を祝う食事会に集まっていた親族7人が死亡しました。

 国慶節の大型連休中だった5日朝、中国東北部の黒竜江省で親族12人が集まって食卓を囲んでいました。そのうち9人が地元の料理であるトウモロコシで作った麺を食べたところ、急に腹痛などの症状を訴えたということです。7人が死亡し、残る2人は現在も入院中です。中国国営の中央テレビによりますと、麺は自家製で1年間、冷凍庫で保存していたもので、カビ毒の一種である「アフラトキシン」が検出されたということです。

こんな記事も読まれています