「合意なき離脱に備えるべき」ジョンソン首相[2020/10/17 10:13]

 イギリスとEU(ヨーロッパ連合)の貿易交渉を巡り、イギリス側が設定した交渉期限を過ぎてもいまだにまとまらないなか、ジョンソン首相が「合意なき離脱に備えるべき」という姿勢を示しました。

 英・ジョンソン首相:「移行期間の終了まで10週間しかなく、結果を判断し、準備をしなければならない」
 イギリスとEUを巡っては、貿易などの面で離脱前の関係が続く移行期間が今年いっぱいで終了します。その後の自由貿易協定について、イギリス側が一方的に設定した交渉期限の15日を過ぎても漁業権などを巡って隔たりは大きく、両者は交渉を継続することで合意していました。両者の溝が埋まらないなか、ジョンソン首相は根本的なアプローチが変わらない限り「合意なき離脱」に備えなければならないとEU側に再び揺さぶりをかけました。

こんな記事も読まれています