ペンス副大統領の首席補佐官が感染 ペンス氏は陰性[2020/10/25 13:22]

 アメリカのペンス副大統領の首席補佐官と上級顧問の2人が新型コロナウイルスに感染したとホワイトハウスが発表しました。

 ペンス副大統領の報道官は24日、マーク・ショート首席補佐官が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。ショート首席補佐官はすでに自己隔離に入り、感染経路の特定作業も始まっているということです。また、ペンス副大統領の最側近のマーティ・オブスト上級顧問の感染も新たに判明しました。ペンス副大統領夫妻は検査の結果、陰性で健康だということです。ホワイトハウスは、ペンス副大統領が濃厚接触者にあたるものの医師団の観察のもと、大統領選挙に向けて遊説を続けるとしています。ペンス副大統領は25日、激戦州ノースカロライナ州で演説が予定されています。

こんな記事も読まれています