トルコ西部でM7.0の地震 17人死亡 津波で冠水も[2020/10/31 06:35]

 トルコ西部沖のエーゲ海で30日、マグニチュード7.0の地震が発生しました。イズミルではビルの倒壊などで17人が死亡し、今も建物に取り残された人の救助活動が続いています。

 アメリカ地質調査所によりますと、地震があったのはトルコとギリシャに挟まれたエーゲ海の海域で、震源の深さは10キロでした。トルコ第3の都市イズミルでは激しい揺れによってビル17棟が倒壊しています。トルコ政府は少なくとも17人が死亡し、700人以上がけがをしたと発表しました。救助活動が今も続いていて、被害はさらに拡大するとみられています。また、沿岸部では津波によって冠水した地域もあるということです。
 イズミル在住・出口隼人さん、朱理さん:「建物全体が横に揺れるような。ゆっさゆっさ感じる揺れでしたね」「家の中にいても地震怖いし、外に出てもコロナ怖いし、避難所行っても人がわっといるので」
 イスタンブールの日本総領事館によりますと、今のところ日本人の被害は確認されていません。

こんな記事も読まれています