デンマークで新型コロナ変異種確認 ミンク殺処分へ[2020/11/06 06:18]

 デンマークでは、家畜のミンクからヒトへ突然変異した新型コロナウイルスの感染が確認されたとして、国内すべての農場のミンク約1700万匹を殺処分する方針を明らかにしました。

 世界最大のミンクの産地デンマークでは、新型コロナウイルスの変異種が5つの農場で見つかり、12人が感染するなど急速に拡大しています。フレデリクセン首相は4日、ウイルスの突然変異について、「将来のワクチンの有効性に対してリスクをもたらしかねない」と指摘しました。そのうえで、国内すべてのミンク農場で飼育されている約1700万匹のミンクを殺処分する方針を表明しました。特に北部では、感染者の約半分がミンク農場に関係しているということです。これを受け、WHO(世界保健機関)もデンマークの保健当局に詳細を確認しているとしています。

こんな記事も読まれています